過失割合について

過失割合に争いがある場合というのですが、これはどのようなことでしょう。過失割合というのは、発生した事故の過失に対しての割合のことを言います。

交通事故に対してですが、過失割合が0:10になることはほぼありえないと思っておきましょう。ですが、この割合に対して争いになることもあります。例えば、出会いがしらの接触事故という場合にそれが考えられるのです。

こうした場合には、どうしても状況らの過失割合の判断が難しくなるケースが考えられることがあるのです。

また、意見の食い違いが出ることもありますから、示談がなかなか成立せずに交渉が長期化するというケースになってしまうわけです。

実際には3ヶ月以上かかることもあると思っておきましょう。

もしもそれ以上経過しても示談成立にならない場合には、裁判を行うことを検討したいところでもあります。

両者が平行線になってしまった場合には、どうしても示談交渉で話がまとまる可能性が下がってしまうのです。早期の解決をするためにも、弁護士を積極的に活用して、示談交渉に臨むというのが正解ではないかと思われます。

そうすることによって、解決までの時間を短くすることもできるかもしれませんし、良い結果に結びつくこともあるのです。

(交通事故は弁護士に任せよう)