交通事故は弁護士に任せよう

交通事故というのは、そのときの状況に応じて弁護士に相談をする必要も出てきます。保険会社に任せるだけという人もいるかもしれませんが、その場合には損をしてしまうことも十分に考えられますから、自分が明らかに被害者という場合においては弁護士に依頼をするのが良いと思われます。

弁護士に交通事故の示談交渉を依頼すれば,保険会社の提示する示談案を十分に検討し,不合理な点については的確に反論してもらえるだけでなく,裁判所基準を前提とした示談交渉を行うため,賠償金の増額が期待できるのです。

示談交渉実際に示談交渉をするとなった場合には、どのくらいの時間がかかるのかということを知りたい人もいると思います。これは実際のところケースバイケースになってしまうわけですが、加害者なのか被害者なのかということをはじめとした多くの要因によって解決までの時間がかかってきます。

つまりはどのくらいかかるのかということは、どのような内容の交通事故なのかによって変わってくるのです。そして、そのケースは交通事故によって中身が変わってくることもあって、このケースならこれだけあれば片付くとは一概に言えないのです。また、相手との意見の食い違いもあって難航するケースも十分に考えられるということです。実際のところ、1ヶ月くらいで終わってしまうようなこともありますし、1年近く、あるいはそれ以上の時間がかかってしまうこともあります

では、示談交渉における具体的なケースとして、過失割合に争いがあるとき、損害額に争いがあるとき、そして示談・解決までが長期化するケースというものについて解説していきます。こうしたケースにおいて、どのくらいの期間になってくるのかについて紹介していきます。