示談までにかかる期間について

交通事故の後に治療継続をしているとき、弁護士に依頼をした場合には、示談成立までにはどのくらいの時間がかかるのでしょうか。示談開始をするためには、損害賠償額がいくらであるかどうかを明確にする必要があります。

これは、そもそも請求額のすべてが決まっていない場合には、事実関係や過失割合が決まっていたとしても、いくら請求するのかが具体的に判断不可能だからなのです。

つまりは治療中ということですから、実際のどのくらいのお金がかかるかどうかの判別がつきにくいところがあるのです。

つまりは損害額の決定ができないということになるわけです。こうした理由があって、弁護士に治療継続しているときに依頼をした場合には、症状の固定後に示談成立となるわけです。

怪我の度合いによって治療期間が変わるわけですが、大体1年はかかると見ておいて良いでしょう。

あせって自ら治療を早く終えてしまうこともあるかもしれませんが、そうなると後遺障害が出てしまったとき、認定を受けられなくなる可能性もあるのです。

示談交渉をしたいという気持ちは十分に理解できるわけですが、本当の意味での解決をさせたいのであれば、まずは治療に専念することが重要になるのです。

(交通事故は弁護士に任せよう)