損害賠償額で問題になることも

損害賠償額に関して問題となるケースもあるのです。これは、被害者と加害者との間に事実関係や過失割合に対して問題はないのです。問題としては、損害賠償額や慰謝料が安い、あるいは高すぎるという主張がある場合です。

弁護士こうした場合には、被害者の保険会社との金額交渉になります。ですから、示談までの期間というのは比較的短期になるケースが多いのです。実際のところとしては、3ヶ月以内に解決ができるというケースが多いとされているのですが、それよりも実際には1ヶ月は多く時間がかかると見ておいた方が良いでしょう。これは、示談書の締結手続きがあるためです。

そもそも、事故の中身でもめているわけでもなく、過失割合に対してもめているわけでもありません。金額に対してもめているだけの話ですから、希望額に足りるかどうかだけの話です。だからこそ、早く示談が成立して、示談交渉がスムーズに終えることも多いというわけです。当然ですが、どうしても難航するのであれば弁護士に依頼するのも良いですし、最初からの早期解決を狙うのであれば、それこそ最初の段階から弁護士に依頼をするのも良いでしょう。もちろん、交通事故について詳しい弁護士を雇うことは絶対条件となります。