示談までにかかる期間について

交通事故の後に治療継続をしているとき、弁護士に依頼をした場合には、示談成立までにはどのくらいの時間がかかるのでしょうか。

損害賠償額示談開始をするためには、損害賠償額がいくらであるかどうかを明確にする必要があります。これは、そもそも請求額のすべてが決まっていない場合には、事実関係や過失割合が決まっていたとしても、いくら請求するのかが具体的に判断不可能だからなのです。つまりは治療中ということですから、実際のどのくらいのお金がかかるかどうかの判別がつきにくいところがあるのです。つまりは損害額の決定ができないということになるわけです。

こうした理由があって、弁護士に治療継続しているときに依頼をした場合には、症状の固定後に示談成立となるわけです。怪我の度合いによって治療期間が変わるわけですが、大体1年はかかると見ておいて良いでしょう。あせって自ら治療を早く終えてしまうこともあるかもしれませんが、そうなると後遺障害が出てしまったとき、認定を受けられなくなる可能性もあるのです。示談交渉をしたいという気持ちは十分に理解できるわけですが、本当の意味での解決をさせたいのであれば、まずは治療に専念することが重要になるのです。

損害賠償額で問題になることも

損害賠償額に関して問題となるケースもあるのです。これは、被害者と加害者との間に事実関係や過失割合に対して問題はないのです。問題としては、損害賠償額や慰謝料が安い、あるいは高すぎるという主張がある場合です。

弁護士こうした場合には、被害者の保険会社との金額交渉になります。ですから、示談までの期間というのは比較的短期になるケースが多いのです。実際のところとしては、3ヶ月以内に解決ができるというケースが多いとされているのですが、それよりも実際には1ヶ月は多く時間がかかると見ておいた方が良いでしょう。これは、示談書の締結手続きがあるためです。

そもそも、事故の中身でもめているわけでもなく、過失割合に対してもめているわけでもありません。金額に対してもめているだけの話ですから、希望額に足りるかどうかだけの話です。だからこそ、早く示談が成立して、示談交渉がスムーズに終えることも多いというわけです。当然ですが、どうしても難航するのであれば弁護士に依頼するのも良いですし、最初からの早期解決を狙うのであれば、それこそ最初の段階から弁護士に依頼をするのも良いでしょう。もちろん、交通事故について詳しい弁護士を雇うことは絶対条件となります。

過失割合について

過失割合に争いがある場合というのですが、これはどのようなことでしょう。過失割合というのは、発生した事故の過失に対しての割合のことを言います。

交通事故に対してですが、過失割合が0:10になることはほぼありえないと思っておきましょう。ですが、この割合に対して争いになることもあります。例えば、出会いがしらの接触事故という場合にそれが考えられるのです。こうした場合には、どうしても状況らの過失割合の判断が難しくなるケースが考えられることがあるのです。また、意見の食い違いが出ることもありますから、示談がなかなか成立せずに交渉が長期化するというケースになってしまうわけです。

裁判実際には3ヶ月以上かかることもあると思っておきましょう。もしもそれ以上経過しても示談成立にならない場合には、裁判を行うことを検討したいところでもあります。両者が平行線になってしまった場合には、どうしても示談交渉で話がまとまる可能性が下がってしまうのです。

早期の解決をするためにも、弁護士を積極的に活用して、示談交渉に臨むというのが正解ではないかと思われます。そうすることによって、解決までの時間を短くすることもできるかもしれませんし、良い結果に結びつくこともあるのです。

交通事故は弁護士に任せよう

交通事故というのは、そのときの状況に応じて弁護士に相談をする必要も出てきます。保険会社に任せるだけという人もいるかもしれませんが、その場合には損をしてしまうことも十分に考えられますから、自分が明らかに被害者という場合においては弁護士に依頼をするのが良いと思われます。

弁護士に交通事故の示談交渉を依頼すれば,保険会社の提示する示談案を十分に検討し,不合理な点については的確に反論してもらえるだけでなく,裁判所基準を前提とした示談交渉を行うため,賠償金の増額が期待できるのです。

示談交渉実際に示談交渉をするとなった場合には、どのくらいの時間がかかるのかということを知りたい人もいると思います。これは実際のところケースバイケースになってしまうわけですが、加害者なのか被害者なのかということをはじめとした多くの要因によって解決までの時間がかかってきます。

つまりはどのくらいかかるのかということは、どのような内容の交通事故なのかによって変わってくるのです。そして、そのケースは交通事故によって中身が変わってくることもあって、このケースならこれだけあれば片付くとは一概に言えないのです。また、相手との意見の食い違いもあって難航するケースも十分に考えられるということです。実際のところ、1ヶ月くらいで終わってしまうようなこともありますし、1年近く、あるいはそれ以上の時間がかかってしまうこともあります

では、示談交渉における具体的なケースとして、過失割合に争いがあるとき、損害額に争いがあるとき、そして示談・解決までが長期化するケースというものについて解説していきます。こうしたケースにおいて、どのくらいの期間になってくるのかについて紹介していきます。